2016年9月20日火曜日

EF油圧MT化 その3

皆さんこんばんは

EFの油圧化が終了しましたので見て頂きましょう

まず

前回仕上がっていたマウントのウレタン部をマウントに挿入して

エンジンマウントが完成


このマウントを装着する事によってエンジンMTが後方に行く訳です

換装後



EFに油圧MTが乗ってるのはなんだか感動的ですね

パッと見た感じではほとんどエンジン位置が変わってるのはわかりません



マウントもちっちゃくてスッキリ



室内からのクラッチホースも
油圧化用に製作


大体この様な感じになりました。

これでこの車の戦闘力も上がり

スペアミッションも作り放題

そしてこれから更に進化して行く事でしょう。


車の改造は、ドレスUPでもレーシングカーでも

販売されている物だけでは必ず限界があります。

そういう場合、ワンオフは強いと私は思います。

今回の様に他の人とは違うアプローチで車両を製作し

それでなおかつ理想の形に持って行ける

こういった改造は極端に言えばやりたい放題・・

無限にあると思います。

改めて、車の改造って

本当に終わりが無く、面白いですね。

TacticalArt
〒566-0064
大阪府摂津市鳥飼中2-1-82
TEL 072-628-8806
FAX 072-628-8807
web www.tactical-art.jp

2016年9月14日水曜日

EF油圧MT化 その2

こんにちは

この間のEFの続きですが

今回はペダル編です

クラッチマスターを取り付けするのでノーマルペダルを少し改造します。

こちらはノーマルペダル

 
これの一番左のやつで今まではワイヤーを引っ張っていた所・・

こちらのマスターを取り付けますので



こうなります




かなり急展開ですが・・

普通はエンジンルームに付いている物なので

室内に付くのかよ と驚いた方もいらっしゃるかもしれません(笑)

そうです、室内で直接マスターをプッシュするのです・・

これで油圧ペダルは完成になります。


一通り作り物はこれで終了し

今回投入パーツの組み込みに移ります。


LSD

 

4.7ファイナル

このファイナルギアはトップフューエル製ですが・・
私の中ではかなりかゆい所に手が届いた商品ですね

今までEGに4.7を組むには、デフをインテにして
カウンター交換して、98一速入れてカラーとベアリング変えて

みたいな事が必要でしたが、こちらはポン付け

ですが写真はEK9デフ用

謎の組み合わせでもほとんど対応できるんですね~

凄いっす


組み付け後


そして

戸田イホイール & クラッチ



そうこうしている間にウレタンマウントが仕上って来た♪

こちら


前回製作していたエンジンマウントに挿入するやつですね

ワンオフ削り出しです♪

そろそろ仕上がりが近いかな?

また続きはUPします

では

TacticalArt
〒566-0064
大阪府摂津市鳥飼中2-1-82
TEL 072-628-8806
FAX 072-628-8807
web www.tactical-art.jp

2016年9月6日火曜日

EF油圧MT化

皆さんこんにちはー

夏ももうそろそろ終わりっぽいですが

まだまだ暑いですね(T_T)


本日はEF乗りの方の宿命とも言える

MTのネタで御座います。

EF型のシビックは元々ワイヤー式のMTが乗っていますが、

これをEG、EK、DCの油圧MTを載せようと言う事ですね。


そもそも、なぜ、こんな事をしたいのか・・


理由はいくつかあります。


EF型のMTパーツが入手困難で
破損しても治せない為、

市販されているクロスミッションなどが
適合しない為

クロスに関してはDA後期、伝説のYS1MTであれば
EGなどのギアを使用可能ですが、
かなりの高値で取引されていますね、

手に入ったとしても一つの窯を使い続けなければなりません。


ですので油圧化すればミッションに関するストレスは
全て無くなると言う訳です。


EFを長く乗りたい方や、レースなどでどうしても
クロスミッションが必要な方は少なからずおられる事でしょう。

今回はこちらのレーシングカーを
施工します。

こちらのオーナー様は中国地方のサーキットなどをメインに
活動しているお客様です。


左が下したEFノーマルのワイヤー式
右が油圧


ご存じの方もいらっしゃるとは思いますが
油圧MTは少し幅がでかいのです。

そのまま載せるとフレームに当たってしまいます。


そこで・・


換装手段が二つ浮上して来ます・・

一般的にはフレームを加工して載せるというやり方でしょう。
(干渉部分をしばいたり、切開するなど)

そしてもう一つはエンジンMTを後方化し、換装すると言ったやり方・・

しかし前者の場合、フレームに手を入れたくないと言う方もいらっしゃるでしょう。

そして私たちはドレスUPで数々の車両を製作し、
車両をいかに自然に美しく仕上げるか、
その点の技術においては自信があります。

ですので後者を取ります。


さて


この方法だと何が必要になるかは明確ですが・・

エンジンマウントですね

アメリカ製マウントに手を出したくなるが・・

以前これと同じ事をEF9でやり、凄く大変な思いをしました・・

一応アメリカのHasportからEF油圧MT換装マウントは
販売されてるんですが・・

残念ながらこれはEF9には使用出来ないんですね(T_T)

アメリカのEFは前期の骨格設計で
日本のEF9の骨格には適合しないんですねぇー

その時も無理だと諦めかけたが何とか改造して積みました。


こちらはその時の写真










今考えてもこれは予想していなかった・・

この時の事はよく覚えています。


私たちも日々勉強、と言った感じでした。

このマウントは位置、幅共に違いますのでもう使用する事はないでしょう。

ですのでマウントは作るしかありません。


まず

重たいからミッションの中を空っぽにして



サクッとドッキング



あとは、この状態で絶妙な位置をはじき出して

マウントを作って行くだけです。

ちなみにエンジンを数センチ後方化するので

フロントヘビー解消やシャフト角改善にもなります。

さらっと言いましたがこれはかなり大きな収穫です(笑)


そしてこちらがマウント


製作段階ではリジットですが、

これが後にウレタン使用になります。

そしてもちろん小型化し、数キロ重量も落ちてます。

次はペダルをワイヤー式から油圧マスターに変更しなければならないので

そちらに移ります。

続きはまたUPしますね

では

TacticalArt
〒566-0064
大阪府摂津市鳥飼中2-1-82
TEL 072-628-8806
FAX 072-628-8807
web www.tactical-art.jp

2016年8月14日日曜日

最近のTacticalArt

皆さんこんにちはー

しかし暑いですね・・

皆さんは大丈夫でしょうか?

世間はお盆休み中ですがTacticalArtは営業しています。

最近は隠し事が多すぎて少々ネタ切れ気味ですが

忙しくさせて頂いております。


こちらは施工中のDC2


ノーマルからの施工ですが、

珍しい黒のTYPE Rです

この車両にもCCWが入る予定ですが、

最近はボディの状態が良い物が非常に少なくなってきてますね、

モールなどは特に・・

交換作業は定番化しています。

車高調はもちろんTacticalArtオリジナルを取り付け!


以前のブログでも書きましたが

今のモデルはブラックになってます。


そしてマフラーもワンオフで製作


ホイールの到着がまだ少しかかりそうなので

完成はもう少し先かな?

この車両はまたUPしますね


そしてこっちはEGのレースカーなんですが、

今回Rywireのハーネスを投入する事に


タイムアタックを目的としますが

まだまだ進化の途中・・

外装もえらい事になりそうな予感がします(笑)

エンジンはTODAカム入りの

ハイコンプ


こっちはTacticalArtオリジナルの

ファイバークォーターパネル


そしてRywire


ハーネスはもちろんミルスペック

そもそも軍用ケーブルなので

通電性と耐久性はもちろん、ビジュアルも兼ね備えた

Rywireのハーネスはレーシングカーにもお勧めです。

車が速くなったー!などのお声もよく聞きます

配線の量を極端に減らせる為、軽量化にもなりますしね

お値段も高くないので手も出しやすいですよ

お気軽にご相談くださいね



TacticalArt
〒566-0064
大阪府摂津市鳥飼中2-1-82
TEL 072-628-8806
FAX 072-628-8807
web www.tactical-art.jp

2016年7月19日火曜日

行ってきましたWreckin' MEET!!

皆さんこんにちは

先日の日曜日に富山県で行われていた

Wreckin' MEETに行ってきましたー

ブースは出していませんが

お客様が多数エントリーされ

結構な台数でした



ここはスキー場らしいのですが

かなり広いスペースで雰囲気も良い所でした


ヒストリックカーも多くエントリーされているのが

このイベントの特徴ですね


しかし空が白い・・

午前中は残念ながら雨だったんですけど

昼からは天気も回復して良かったです。

そして

どうでもいい話なんですが

この日7月17日はたまたま私の誕生日だったんですが・・


なんと


お客様からサプライズケーキのプレゼントが!!




ううっ、マジでサプライズって感動しますね!

ケーキに恥ずかしい事も書かれていました(笑)


本当に感謝します!

皆さんありがとう御座いました!!


そして

会場で勝手にパーティーしてしまった訳ですが

イベントは表彰式へ


アワードは取れませんでしたけど
すごく良いイベントでした

また参加させて頂きたいと思います


そして

帰りに何枚か写真をパシャリ





みんなで一緒に活動するっていいもんですね

参加された皆様

そして

ブース出展されていた業者様とイベント関係者の皆様

本当にお疲れ様でした!


TacticalArt
〒566-0064
大阪府摂津市鳥飼中2-1-82
TEL 072-628-8806
FAX 072-628-8807
web www.tactical-art.jp

2016年7月16日土曜日

イベントのお知らせ

皆さんこんにちは

明日の7月17日は

富山県で行われるWreckin' MEETに参加する為

店舗不在になります。

店舗へのご来店はお控え下さい。

大変ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。



2016年7月8日金曜日

TacticalArtからのお知らせ

こんにちは

最近暑い日が続いていますねー

皆さん大丈夫ですか?

しかし暑いのはまだまだこれからですね

張り切っていきましょう!


さて


今日は大変長らく販売中止していたパーツ

Tactical Art オリジナル車高調の再販をお知らせいたします。

一時販売中止の理由はオリジナルカラーのブラウンが
突然できなくなると言う工場絡みの理由でした・・

しかし

色々考えた挙句

埒が明かないのでカラーを変更する事にいたしました。


新しいカラーはブラックになります。


写真はDC5用


こちらはEK用

シンプルすぎると言えばそうですが、

メリットもあります。

当店などはエンジンベイなどをよくやりますが、

ブラックにしておけばどんなエンジンルームの色でも

雰囲気を壊す事がないですしね。

もちろん性能はそのままです。

この車高調のコンセプトはストリートと走りとの両立ですが、

ストリートではダウン量と乗り心地の良さを確保し

サーキット走行などの過激なステージもOK

バネ径や自由長にもこだわり

丁度良い具合に仕上げてあります。

でも一番のポイントは

お値段がリーズナブルな所でしょうか・・

しかし安物ではない・・(笑)

お値段はこちら

EK/DC/EG/EF/S2000 税込145000円
DC5 税込150000円


サーキットを走れる足となるとかなりお値段が張りますし

ショップ側の私たちですら悩みの種でした・・


そして何年もの時間を費やして開発を進め、

関西Sサーキットのラジアルレースで

2年連続シリーズチャンピョン会得など

本気のステージでも結果を貪欲に求めてきました。

もちろんSタイヤもOKですよ


現時点では受注生産となっております。

納期はご注文を頂いてから1ヵ月程となっております。

今後、当店ホームページのショッピングでいつでも購入できるようにいたします。

よろしくお願いします。



TacticalArt
〒566-0064
大阪府摂津市鳥飼中2-1-82
TEL 072-628-8806
FAX 072-628-8807
web www.tactical-art.jp