2016年11月25日金曜日

インテグラ DC2 CCW取り付け

皆さんこんにちはー

DC2のホイールセッティングが終わったので見て頂きましょう


この黒のDC2、以前にTacticalArtの車高調を

取り付けさせて頂いていた車両ですね


毎度の事ながらホイールセッティングは

フロントはナックル曲げ、リアはアッパーアームでキャンバー調整をし

最後にアライメントです。

フロントに関してはそれぞれショップでやり方に違いがあるとは思いますが、

私たちは95%位曲げで対応しています。


曲げにはメリットもありますしね、

例えば、調整式アッパーアームを使用してキャンバーをつける場合、アッパーの厚みがノーマルよりも分厚く、ボディ上部にヒットしてしまいます。この為、よく見かけるヒットする部分を膨らます加工などをしているのを見かけた事があるのではないでしょうか?


低車高の車ではアッパーアームの角度が凄い事になるので
その問題が発生してしまいます。

それに対してナックル曲げは
数センチナックルが曲げによって短くなるプラス
アッパーアームは薄いノーマルを使用する為、
ヒットする事はありません。

しかも必要部品はなし

もちろん曲げの料金は頂いておりますが

サーキット、ドレスUP、どちらでも昔から多く使われている手法ですので

信頼性もありますしね


リアアッパーアームはオリジナル


当店ショッピングサイトから購入可能ですが

基本的には過度にキャンバーセッティング
する様には製作しておりませんので
場合によってはショート加工が必要です。

全ての爪を処理し、セッティング後




なかなかいい感じに仕上がりました。

DC2にクラシック5もよく似あっていますね。

まだまだやりたい事はある様ですが、

とりあえず今回はこれで終了となります。

では

TacticalArt
〒566-0064
大阪府摂津市鳥飼中2-1-82
TEL 072-628-8806
FAX 072-628-8807
web www.tactical-art.jp

2016年11月19日土曜日

店舗不在のお知らせ

皆さんこんばんは

本日は店舗不在日をお知らせいたします。

明日の11月20日はサーキットテスト走行に行く為

店舗不在となります。

大変ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。


2016年11月16日水曜日

CCW取り付けとチューニングフェスタ

皆さんこんばんは

かなりお久しぶりになりますが

インテグラ DC2にはめるホイール

CCW Classic5がようやく届いたのでセッティングいたします。


意外と販売した事のなかったこのClassic5

カッコイイのにチョイスする人があんまりいなかったんですよね

王道のClassよりは新しいモデルなんですが、

Classicシリーズの中では一番クラシックな気がします。


セッティングが終わり次第UPしますね。


ここで朗報が入って来ましたのでご報告


以前から何度もアップデートを重ねているEF9ですが

11月6日に岡山国際サーキットで行われた

チューニングフェスタ2016に出場し

FFクラス2位という結果をのこしてくれました。

おめでとうございます。


この普通な見た目ではありますが

ベストタイムは1分45秒2で

ノーマルカム、クロスミッションなしにしては

かなりいいタイムだと思います。

今後どんなドライビングを見せてくれるのか楽しみです。

当店フェイスブックサイトに予選の車載映像をUPしていますので見て下さいね


https://www.facebook.com/tacticalart.jp/


決勝の動画はSDカード不調により不幸にも破損しました(笑)

この様に結果を残して頂ける事は

私たちにとって本当にうれしい事です。

更に上を目指し、精進しなければなりませんね

TacticalArt
〒566-0064
大阪府摂津市鳥飼中2-1-82
TEL 072-628-8806
FAX 072-628-8807

2016年10月22日土曜日

店舗不在日のお知らせ

皆さんこんにちは

明日の10月23日はイベントの為、

店舗不在となります。

大変ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。

TacticalArt
〒566-0064
大阪府摂津市鳥飼中2-1-82
TEL 072-628-8806
FAX 072-628-8807
web www.tactical-art.jp

2016年10月2日日曜日

ラッピングしてみた


 皆さんこんにちは

本日は

ただ今製作中のシビックのラッピングをしてみました。


こちらのラッピングでカラーはマットシルバー


塗装屋泣かせのラッピングですが、メリットは沢山あるんですよね

実際に海外のカーショーなどでは本当に多く見かけます。

高級車に乗っている方々はオリジナルのボデイカラーの上に塗装するのが

抵抗に思われる方は多いでしょう。

その場合ラッピングは剥がせばもとにもどりますしね、

その他にもレースの世界などではほぼラッピングと言っても過言ではないでしょう。

それは何故か・・

レーシングカーはハイグリップタイヤで巻き上げた色々な物がボディーに当たり

直ぐにキズだらけになってしまいますので、

直ぐに張り替えられるラッピングは非常に有利です。

しかし

一番のメリットは塗装に比べて軽いという所でしょう。


さて

作業に入りますが

私たちも施工するのは初めてなので、

色々やって行けば見えてくる事があります・・



複数(最低二人)で施工するのが良い事がわかりました(笑)

とにかくシールがでかい・・

持つ人間がいた方が効率良いですね


このラッピングはアメリカ製で、

比較的貼りやすいラッピングだと聞いていたんですが、

確かに貼りやすい・・

水張りでもしっかり粘着力は出るし

張り付いてもすぐに剥がせる






レーシングカーなのでドア内はそのまま、

この部分を貼るとなるとかなり気が遠くなりそうですね。

しかし、ドレスUPカーの場合はそうはいきませんので

かなり熟練の技術がいりそうです


クオーター


ルーフ


リア


フェンダー




大体貼り終わってこんな感じに

比較的難しくはなく、順調に進み、


さて残るはバンパーですが・・


見るからに難そう・・

これ

本当に一枚で貼れるのか・・

とは言いながらも着手


やはり、予想通り・・

超絶ムズイではないか



物理的に無理な所がどおしても発生

まー、仕方ないので足すかー

って感じでサクサクっと車の色が変わりました。

このお手軽さもラッピングの良い所ですね。

まだまだこの車両は進化するのでまたUPしますね

では

TacticalArt
〒566-0064
大阪府摂津市鳥飼中2-1-82
TEL 072-628-8806
FAX 072-628-8807
web www.tactical-art.jp

2016年9月20日火曜日

EF油圧MT化 その3

皆さんこんばんは

EFの油圧化が終了しましたので見て頂きましょう

まず

前回仕上がっていたマウントのウレタン部をマウントに挿入して

エンジンマウントが完成


このマウントを装着する事によってエンジンMTが後方に行く訳です

換装後



EFに油圧MTが乗ってるのはなんだか感動的ですね

パッと見た感じではほとんどエンジン位置が変わってるのはわかりません



マウントもちっちゃくてスッキリ



室内からのクラッチホースも
油圧化用に製作


大体この様な感じになりました。

これでこの車の戦闘力も上がり

スペアミッションも作り放題

そしてこれから更に進化して行く事でしょう。


車の改造は、ドレスUPでもレーシングカーでも

販売されている物だけでは必ず限界があります。

そういう場合、ワンオフは強いと私は思います。

今回の様に他の人とは違うアプローチで車両を製作し

それでなおかつ理想の形に持って行ける

こういった改造は極端に言えばやりたい放題・・

無限にあると思います。

改めて、車の改造って

本当に終わりが無く、面白いですね。

TacticalArt
〒566-0064
大阪府摂津市鳥飼中2-1-82
TEL 072-628-8806
FAX 072-628-8807
web www.tactical-art.jp

2016年9月14日水曜日

EF油圧MT化 その2

こんにちは

この間のEFの続きですが

今回はペダル編です

クラッチマスターを取り付けするのでノーマルペダルを少し改造します。

こちらはノーマルペダル

 
これの一番左のやつで今まではワイヤーを引っ張っていた所・・

こちらのマスターを取り付けますので



こうなります




かなり急展開ですが・・

普通はエンジンルームに付いている物なので

室内に付くのかよ と驚いた方もいらっしゃるかもしれません(笑)

そうです、室内で直接マスターをプッシュするのです・・

これで油圧ペダルは完成になります。


一通り作り物はこれで終了し

今回投入パーツの組み込みに移ります。


LSD

 

4.7ファイナル

このファイナルギアはトップフューエル製ですが・・
私の中ではかなりかゆい所に手が届いた商品ですね

今までEGに4.7を組むには、デフをインテにして
カウンター交換して、98一速入れてカラーとベアリング変えて

みたいな事が必要でしたが、こちらはポン付け

ですが写真はEK9デフ用

謎の組み合わせでもほとんど対応できるんですね~

凄いっす


組み付け後


そして

戸田イホイール & クラッチ



そうこうしている間にウレタンマウントが仕上って来た♪

こちら


前回製作していたエンジンマウントに挿入するやつですね

ワンオフ削り出しです♪

そろそろ仕上がりが近いかな?

また続きはUPします

では

TacticalArt
〒566-0064
大阪府摂津市鳥飼中2-1-82
TEL 072-628-8806
FAX 072-628-8807
web www.tactical-art.jp